バイトの募集やシフト管理など、労務関係もバックアップしてくれる

バイト募集の仕組みが定型化されている

オーナーとしてお店を持つとき、すべてを自分の判断で行う方法とフランチャイズの仕組みを利用する方法があります。経営のノウハウがあるときは自分の判断で人の採用を行ったり雇用契約などをすればよいでしょう。しかし脱サラ直後でお店の経営が初めての時はどうやって人を採用するのか、採用後にどんな雇用契約を結べばいいのかなどがわからないかもしれません。いい人材集めに苦労するときもありますし、雇用契約でトラブルが生じる可能性もあります。フランチャイズを利用するとバイト募集のノウハウが利用でき、その通りに採用や雇用契約を結べばトラブルが起きにくいです。情報誌や求人サイトで募集をするときは、本部を通して他店とまとめて出してもらえたりもします。

短期間に仕事ができる人材を育てられる


フランチャイズでお店を運営するとき、基本的にはオーナーがすべてをそろえます。お店の機材などはもちろんですが、そこで働く人も準備しなければいけません。開店当初は本部から助っ人を送ってもらえる時もありますが、当初の繁忙期間を過ぎれば自前の従業員で切り盛りしないといけないでしょう。同じ従業員に常に働いてもらうわけにはいかずアルバイトをうまく組み合わせたりが必要になるでしょうが、初心者であれば教育が必要でうまく育てられないときは経営に影響が出ます。フランチャイズでは人材教育の仕組みが用意されていて、コンビニなどでは教育マニュアルが用意されています。飲食店での調理担当者であれば、本部で調理の教育を行ってもらえるのでオーナーの教育に関する負担は減るでしょう。